画像の説明


What Is Jolly Phonics?画像の説明
ジョリーフォニックスとは

Jolly Phonics は、イギリスで生まれた読み書きのメソッドです。多感覚に働きかけるため様々な子ども達に優しく、体系的に読み書きのルールを学ぶことができます。これをマスターすることで約7割、初見で読んだり聞いたものを書き起こしたりすることができるようになると言われており、イギリスでは70%の小学校で導入されています。5つのステップで、英語に全く触れたことのないお子様でも、楽しく学ぶことができます。

① 文字の音を覚えること

文字には名前と音があることを知り、文字の音を正しく覚えていきます。Jolly Phonics 1ではアルファベット26文字だけでなく主要な42音を学びます。それぞれに関連づけられたお話やアクションを使って、音と文字をつなげていきます。

② 文字の形を覚えること

文字の形を覚え、書き順を学びます。正しい姿勢と、正しい鉛筆の持ち方にも触れていきます。

③ ブレンディングすること

覚えた音をくっつけて単語として読む練習をします。ひらがなで読み書きを学ぶように、丁寧に進めていきます。

④ 単語の中にある音を識別すること

正しく単語を書き取るためには、単語の中にある音を正しく聞き分ける必要があります。聞こえた音を分解して文字に起こし、単語をつづっていきます。

⑤ ひっかけ単語を正しくつづること

英語の単語の中には、42音を覚えてもルール通りに読めないものがあります。こうした単語のことを、ひっかけ単語と呼んでいます。ひっかけ単語は覚えるしかないのですが、困ったことに使用頻度の多いものが多いのです。ひっかけ単語を正しく綴れるように、Jolly Phonics 2で学びます。

これらのステップに沿って、日本人用に作られたワークブックを使い日本語でレッスンを行います。母語である日本語で学ぶことでわかりやすく、発音のコツなども習得しやすくなります。



Students' Voice画像の説明
子どもたちの声

小4(JP1終了)

学校で習わない文字が読めるようになるのがいいと思います。
*学校ではアルファベット26文字の音しか触れないので、それ以外の音素に触れられるというということにメリットを感じるようです。

小5(JP1終了)

とにかくスゴいです。学校の授業で映像を見たり曲を聴いたりしても言葉がわかったり意味がわかったりします。日常生活で英単語を目にしたり耳にした時もわかることが多いです。

中1(JP1終了/JP2まもなく終了)

初めは読めないものが多かったりしたけれど、だんだん難しい単語も読めるよになりました。パッと見て読めないものがあった時に、ジョリーの音を思い出しながら一音づつ読んでいくと読めるようになって、ジョリーをやっていて良かったと思います。書ける単語も増えました。学校の教科書で読めないものはほとんどありません。

中1(JP1終了/JP2まもなく終了)

難しいことも多いし、わからないこともあるけれど、JP1をやってあれば理解することができます。だんだん難しい単語や文章も読めようになっていったので、すごくためになりました。教科書の和訳もある程度初見でできるので周りの子よりもすごく得をしていると思います。



Course画像の説明
コースのご案内

Jolly Phonics 1 (1年目)

学習歴がなくても学べます。主要な42音を学びます。ひらがなと同じように、それぞれ意味のない音や文字をつなげることで言葉ができるということを知ります。1年間でワーク3周を目指します。
4, 8, 12月に開講

Jolly Phonics 2 (2年目)

Jolly Phonics 1を終了するとJolly Phonics 2に進みます。ひっかけ単語の学習や内容理解が入ってきます。JP1より一歩進んだルールや多くのひっかけ単語を学びます。綴りの規則性を知ることで、単語を丸暗記する負担を減らすことができるようになります。意味理解が入ってきますので、多少の学習歴が必要になります。


画像の説明

レッスンはオンラインミーティングシステムzoomを使ったオンラインレッスンです。環境さえ整えばどこにお住まいでもレッスンを受けていただけます。送り迎えの必要もなく、そばでレッスンの様子を見ていただくこともできます。

接続確認などのサポートもいたしますので、安心して受講いただけます。



Lesson Fee画像の説明
費用

クラス回数レッスン料教材費
Jolly Phonics 1 1年目年42回/1回 40分3,000円/月1,100円
Jolly Phonics 2 2年目年42回/1回 40分3,000円/月1,980円

入会金はいただきません。

価格は全て税込。お月謝納入は銀行振り込みになります。手数料は自己負担でお願いしております。




FAQ画像の説明
よくあるご質問

ジョリーフォニックスは文字と音の関係を知るところから始まります。単語の意味などを知っている必要は全くありません。子どもたちが、ふりがなさえあれば難しい文章が読めるのと同じことです。内容理解のためには、本を読んだり活用したりといった学習が必要になってきますが、単純に読んで書くだけならば学習歴は要りません。英語学習の入り口としても最適です。JP2に進むためには多少英語に触れる機会が必要になってきます。

アルク在籍生がこのコースを受講することはありますが、アルクの本コースに入会の必要はございません。本コース入会ご希望の場合はおしらせください。他社英語教室在籍中のお子さまでももちろん受講いただけます。

学習歴のあるお子さまの場合、すでにフォニックスを知っているかもしれません。Jolly Phonicsはシンセティックフォニックスと呼ばれるもので、日本で多く学ばれているアナリティックフォニックスとはアプローチが異なります。ですので最初はどんなお子さまもJP1から学んでいただきます。音慣れしていれば習熟も早くなりますので、ワーク1周でJP2の移行も可能かもしれません。(JP2の開講は毎年4月になります)

宿題という名目のものはありませんが、「こんなことをしてみたらどうかな」といった提案はしていきます。繰り返しトレーニングできるよう進めますが、日頃の意識も大事です。

対象年齢は年長児以上となっております。小さいお子さまや不安を感じるお子さまは、お家の方がそばについていてくださって構いません。お家の方のサポートがいちばんです。

もちろん中学生でも受講していただけます。小さなお子さまでも学習が可能なものですので、場合によっては子どもっぽく物足りなさを感じるかもしれません。しかし音の繋げ方や単語の中の音を聞き分ける訓練なしに読み書きは難しく、ひたすら書いて覚えるというような時間を使った学び方をしなければならなくなってしまいます。

インターネット環境があれば受講はできますが、文字の読み書きに特化した内容になりますので、画面が小さいと子どもたちは辛さを感じます。タブレット以上の画面サイズを推奨しております。また、英語には声のない息だけの音がありますので、イヤホンなどがあったほうが聴きやすくなります。

スマホなどの通信環境では、オンラインレッスン受講でどの程度の通信量になるのかのお約束ができません。Wi-Fi環境下で受講されることをお勧めいたします。

こちらのクラスはオンラインレッスンのみとなっております。アルク本コース受講の場合は、JP1の内容をレッスンカリキュラム内で学ぶことができます。アルク本コースは感染病流行などでオンラインレッスン対応している場合を除き、対面レッスンとなります。



Contact / Trial Lesson画像の説明
お問合せ/体験レッスン

お問合せ、体験レッスンのお申し込みはこちらからお願いいたします。
 お問合せ・体験レッスンお申し込み フォーム